ClubHongKongthe only one thing I can say....


| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
難しい日本語。 23:59
ウチのスタッフにエミさんという香港のおばちゃんがいる。(日本語も話せます)
以前、彼女が他のスタッフと寿司を食べに行くので、shinちゃんも一緒に行かないか?と誘われました。shinはちょっと寿司の気分じゃななかったので丁重にお断りを、、、、
エミさん:shinちゃん行かないデスカ?。
shin:うん、今日はやめとく。
エミさん:デワ、前に食べたアレなんというデスカ?
shin:何?
エミさん:ヒマワリノケガワ?
shin:(声にならない笑い)
エミさん:ナンデシタカ?
shin:エミさんそれひらめのえんがわでしょう?
エミさん:あ〜ソウソウ、ヒラメノエンガワ、、、ワカッタ。ワタシソレ食べるデス。

そんな彼女、、、昨日は、、
エミさん:shinちゃん(手刀で手の平を切る真似をしながら近寄って来て)CHOPBOARDはニホンゴでナントイウデシカ?
shin:はあ?
エミさん:CHOPBOARDデスヨ(相変わらず手で何かを切る真似をしてる)
shin:あ〜チョップボードね〜
エミさん:ナントイウ?・・・・・・・イタマエ?!?!?!
shin:(声にならん笑い)
エミさん:ナンデシタカ?(まだ手とうで手のひらを切る真似を続けている)
shin:エミさん、、ソレ、、まないた!!!!
エミさん:Oh〜〜ア!!イタマエは、コレデスネ!!(寿司を握る真似)


泣ける・・・・・
| language | comments(6) | trackbacks(0) | posted by club_HongKong
香港人を日本に連れて行く。 13:28
以前香港人スタッフを連れて日本に行きました。
冬の日本は彼女らには非常に寒いらしく、ほぼ雪だるま状態の彼女らを車に乗せて、明石の有名な"魚の棚"へ(うおのたな、ではなく、、うぉんたなとアメリカチックに読む)

ここでサザエ牡蠣や色々とつまみ食いをしている時に、とある魚屋さんが声をかけてきた、、どっかで見た事あるなぁ、、と思ったら、探偵ナイトスクープのロケ中で、、、タレントの立原啓裕がエミさんに声をかけてきました。
立原啓裕”オネエさんこの安いから買って〜〜”
エミさん”コレハ今ココデタベレルでしか?”
立原啓裕”(店の中のイタマエにアイコンタクト)大丈夫ですお刺身にしてあげる”
エミさん”イクラデシカ?”
立原啓裕”そうだな、これ立派な鯛だから2000円!!”
エミさん”ワタシ香港からキタデスヨ、ヤスクスルデス”
立原啓裕”え〜香港の人?!じゃあ、1600円でどうだ!!??”
エミさん”shinちゃんドウデスカ”
shin”まいら〜〜(買えば?)”
エミさん”ワカッタデスワタシコレ買う”
立原啓裕”はい、お買い上げありがと〜〜、、、で、実はですね、今、こちらの方の依頼で、鯛の頬肉でちくわを作り、食べてみたいという企画なんですけど、今お買い上げになった鯛の頬肉の部分を分けて頂けませんか?”
エミさん”??????”
shin(広東語で説明、、、)
エミさん”アイヤ、、ソレハオイシイトコデスヨ、、じゃあ、ワタシ1000円でアナタにウルです”
立原啓裕”いや〜〜商売上手だなぁ、、、御願いしますよ”
エミさん”ワカッタ、OKOK!”

スタンバイしていた、板前さんが頬肉をそろりとボウルの中へ落とし、そそくさと撤収して行きました、エミさんと後二人香港のおばさんは記念だからと写真を撮ってましたけど、、、、ちょっとしたハプニングでしたね。ちゃんと放映もされたんですよ、、shinもテレビに映ってました、、

こういう時って意外な人が見ていたりするもんで、、放映の翌日は、数年連絡を取ってない友人だとか、会社の後輩だったりとか、、珍しい人が連絡をくれましたね。

ドライブの最中、神戸大橋(ポートアイランドと神戸の中心を繋ぐ橋)を見せてあげました、
shin”神戸大橋だよ〜〜”
スタッフ”コーベオオハッシー???”
エミさん(大爆笑)
shin”なにがそんなにオカシイの?”
エミさん”コーベ オオハッシー”(神戸 お〜黒屎 )
shin”あ〜〜神戸で黒いう○こする、、ってなるのか、、”
エミさん”ソウソウ”


注(”ちくわ”って広東語で”獅子狗(しーじがう)”って言うそうです、、これ忍者ハットリ君が飼っていた、忍犬”獅子丸”がいつもちくわを食べていたからなんでけど、、じゃあ、忍者ハットリ君が無かったら、香港の人たちはちくわをなんて呼ぶんでしょうかね、、、聞いてみよう。






| language | comments(5) | trackbacks(0) | posted by club_HongKong
やばい! もう少しで今日が終わってしまう・・・ 23:40
お客さんとの夕食が終わってのんびり飲んでたら、頭に「ぴ〜〜〜ん!」と・・・。
「今日、わしの番やんか〜〜〜!!!」、で即帰宅です。

え〜っと、こんな時用に取って置きの簡単コピペもんで。(もう出尽くしてる、って??? |(−_−)|キコエナイー)

昔からあるから、「あ、これ見たことある!」って方も多いでしょうが、とりあえず「やるっきゃない人」の立場を考えてお許しを・・・。

では、

たのしい国語

中国人の日本語試験とその回答らしいです。

問1: 「あたかも」を使って短文を作りなさい。
答: 「冷蔵庫に牛乳があたかもしれない」

問2: 「どんより」を使って短文を作りなさい。
答: 「僕は、うどんよりそばが好きだ」

問3: 「もし〜なら」を使って短文を作りなさい。
答: 「もしもし、奈良県の人ですか?」

問4: 「まさか〜ろう」を使って短文を作りなさい。
答: 「まさかりかついだ金たろう」

問5: 「うってかわって」を使って短文を作りなさい。
答: 「彼は麻薬をうってかわってしまった」

これだけじゃ文句言われそやから・・・。

付け足しで、冬の味覚「てっちり」です。
てっぽう食べたいシーズンですね。(↑と関係ないけど・・・)
| language | comments(2) | trackbacks(0) | posted by club_HongKong
♪屋根よ〜り 高い こいのぼ〜り〜〜〜 (季節外れですんません) 01:14
土曜日の午後、東京に住んでる中国人と飲んでました。

彼曰く、「五年前の春に、留学生って名目で日本行きまして(今はしっかり新宿でお仕事してるやんか?!)、四月の末頃にになったら、急に鯉のぼりがたくさんの家庭で見えて、それ、びっくりしましたよ。月末が近づくに連れ、知らないうちに数増えてるのに、誰もが知らん顔してるし・・・」。

最後は彼より二年ほど前から関西に来てたお兄さんに聞いて、「鯉のぼり」を初めて知ったそうな。

で、わしが偉そうに、「あ、そっか、あれは端午節。日本では”こどもの日”言うてな・・・。黒いのは真鯉言うて”おとん”や、で赤いのが緋鯉言うて”おかん”や・・・」とさんざん吹かしたった。

帰り道、何や懐かしなって口ずさんでる自分にびっくり!
♪ヤネ ヨリ タカイ コイノボリ、
 オオキイ マゴイ ハ オトウサマ、
 チイサイ ヒゴイハ コドモダチ、
 オモシロソウ ニ オヨイデル

あれ??? ”おかん”ちゃうなあ???

上記のオトウサマは、岩波文庫「日本唱歌集」では"オトウサン"となっています。
ただし、出典はどれも『ヱホンシャウカ(ハルノマキ)』昭和6年12月。


ってあるけど、わしらが歌うてた時、間違いなくおかんおらんかった。
α~ (ー.ー") ンーー

で、調べてみました。

♪やねよりたかい こいのぼり
 おおきいひごいは おかあさん
 ちいさいまごいは こどもたち
 おもしろそうに およいでる

音楽之友社の教科書「しょうがくせいのおんがく 1」(昭和57年発行)には、
カッコ付で次のような2番の歌詞を載せていました。


やっぱ、女性復権・男女平等・・・と思うでしょ???

ところが・・・、

◇家族の在り方反映?◇
 歴史学者の創さんは歌詞に「家父長制」の影響を読み取る。明治以降の修身教育では、家庭では父親が絶対の存在だった。一方、女性には「良妻賢母」を求め、自由を抑圧した面もあった。「歌詞に『おかあさん』が出てこないのは、そんな時代背景を映しているのかもしれません」

 唱歌「こいのぼり」は現在、小学一年生の音楽教科書に採用されている。醍醐伸明・日本国際童謡館音楽プロデューサーは「歌詞はあくまで創作で、内容が事実と矛盾するのは珍しくない。作品から受ける素直な感動を大切にして」と話している。

こんな記載も出てくるし・・・???

謎は深まるばかり。
文科省! どっちやねん? なんとかせや!!!

でも、今になると、やっぱ下で虹色ハイライト(メッシュ)入れてる派手なんが”バカ息子”かと・・・???

(_ _)ノ_彡☆バンバン!
| language | comments(2) | trackbacks(0) | posted by club_HongKong
英語のお勉強。 20:12
shinです。

最近日本のお友達がこんな本を買って英語を勉強しているとかいないとか、、、
その名もFu○king English!!。
 
題名から分かるように、内容がすんごいらしいんですよ。

スラングのオンパレード。こんな英語を、人に使おうものなら、その場でヒートアップは確実。

ですが、刺激を求めてる人にはうってつけのアイテム!!。

ちょっと欲しい。

続きを読む >>
| language | comments(2) | trackbacks(0) | posted by club_HongKong
shinでえ〜す。 00:40
shinです。

今は東莞です。明日は広州、明後日はシンセン、明々後日は福建と、、、

忙しいのです。

22日には香港に戻りますですよ。

今日は台湾人のおっちゃんどもと食事・・・

乾杯乾杯でして、、

事あるごとに、、、

”ワカリコン!!、オトコイッポンサケダイジョブヨー、オートバイはカワサキヨ〜”
(ワカリコンの翻訳はけいたさんにお願いするとして・・・)いや、、、それ以後の日本語もナニガナンダカ・・・・

ワケ分かりません。

初日なのに、帰りたい今日この頃です。

おやすみなさい。

shinのすけ。
| language | comments(3) | - | posted by club_HongKong
香港のニュース見てたんす。 10:55
JUGEMテーマ:ニュース
朝、テレビ見てて、モンコックでなにがあった〜とか、チムでどうした〜とか、セントラルのなんちゃら〜とか、、

で、終わりのほうで、今日の世界の天気みたいな感じになるんだけど・・・・

あれがさ〜

地名とかさ〜

たとえばアムステルダムだと 阿姆斯特丹←(あ〜もうし〜たったん。) て漢字で出るワケだ。
で、アムステルダムの気温と晴れのマークとかが出てる。

この漢字表記ってさ、、、英語の発音に近い発音の漢字をあててる、当て字って奴だけどさ、いわゆる音訳なワケですよ。(音から訳す)

次の瞬間に、ホノルルが映ったワケさ、

Honolulu

どんな漢字が使われるんだろう?・・・

紅路路(ほんろ〜ろ〜)とか?

好諾陸陸(ほうのっろっろっ)とか?かな〜。

って思ったら

檀香山。(たんひょんさん)

あれ?全然違うじゃん・・・・

なんじゃそら?

きっと香木の輸出が盛んだったとかなんとかそんな事なんだろうな〜。と思いつつ・・・

こういうのは意訳。

で、、、スタッフに聞いてみた。

”ホノルルって、檀香山じゃん、音訳は無いの?”

アルデスヨー。 ワイ〜ホノルルげ漢字ディムせ〜?とスタッフがわ〜わ〜言う。

インゴイやうげ〜、フォ~まっめ〜め〜。

なんちゃらかんちゃら、、、、

で、出てきたのが、、


火奴魯魯。

お〜〜〜

ひぃやっこルル。

”私は火奴のルル触れたらヤケドするわよ。芸者をナメるんじゃないわよ〜”て感じ。


香港、本日の最高気温は16度です。

shinたろ。

 
| language | comments(0) | - | posted by club_HongKong
| 1/1 |
ブログパーツUL5