ClubHongKongthe only one thing I can say....


| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
困ったときの映画ネタ 16:14
恋する惑星
恋する惑星

困った時は映画ネタかランチネタに限る。ってんで、、
ま、香港の映画を、、、
この”恋する惑星”(原題:重慶森林)は香港の若者の恋愛を上手く描いています、第一部は金城武とブリジット・リン、第二部はトニー・レオンとフェイ・ウォンで、二組の若者の出会いと展開を可愛く、ポップに描写した作品。監督は2046でも有名な王家衛(ウォン・カーワイ)、この映画を観て香港にハマった人も多いのでは無いでしょうか?、、、かのクエンティン・タランティーノも絶賛した作品です。
| movie | comments(4) | trackbacks(0) | posted by club_HongKong
業務連絡 21:42
欽ちゃんの仮装大賞
http://www.ntv.co.jp/kasoh/
の左側にあるメニューから、”最近の名作!(動画)”でムービーが見られます。
中でも第69回優勝作品”ピンポン”は秀逸、、第67回の”バスケットボールの影”も気持ち悪いです。

以上業務連絡でした。

あ、、明日よりちょっくら日本に出張です。寒い中、温泉行って、寿司たらふく食って、できりゃ〜米沢牛の刺身なんかにも手ぇ出しつつ、仕事してきます。

shin
| movie | comments(2) | trackbacks(0) | posted by club_HongKong
ベルベット・レイン→江湖 13:39
右のオススメ商品紹介でも書いていますけど。
原題は江湖


出演:アンディ・ラウ、ジャッキー・チヨン、ショーン・ユー、エディソン・チャン。
黒社会で尊敬を集めている大ボス、ホン(アンディ・ラウ)の暗殺計画の噂がたちはじめ、配下の3人のボスたちは互いに腹を探りあう。「皆殺しも止む無し」を信条にしたホンの兄弟分で冷酷無慈悲な左手【レフティ】(ジャッキー・チュン)は、暗殺を阻止しようと目を光らせていた。そんな中、ホンの愛する妻に待望の子供が生まれる。「家族を守ってこそ真のボスだ」と言うホンに対し、危険を避けるため引退を勧めるレフティ。深い絆で結ばれていた二人の間にでさえ、僅かな軋轢が生まれようとしていた…。


長い事観た事無かったこの二人の共演、調べたらウォン・カーワイの”今すぐ抱きしめたい”以来だとか、、16年ぶりくらいでしたか?
観た感じは上記”今すぐ抱きしめたい”と”インファナル・アフェア(無間道)”を足して2で割ったような感じ、、無間道で一躍有名になった若手二人、エディソン・チャンとショーン・ユーも好演してました。

”無間道”(インファナル・アフェア)に似た部分もありますけど、映像美は必見、排他でシノワで暴力的な美しさってのはこの映画ならではの美しさだと思います。DVDレンタルでどうぞ〜〜。
| movie | comments(1) | trackbacks(0) | posted by club_HongKong
映画  『慕情』 11:57
映画 『慕情』 みたことありますか?



1955年の香港を舞台に悲恋を描いたアメリカ映画です
主演   ジェニファー・ジョーンズ  ウイリアム・ホールデン

以前、知り合いから電話が来て、
『今日本からのお客さんと一緒なんだけど、『慕情』の主人公って誰だっけ??』ですって

いや〜、私、その年代ではないので (・・ ) 知らないの〜 ( ・・)
なので日本の実家の母に電話で聞きました!


私はこの映画を数年前に日本人倶楽部の試写会で初めて見たの

とっても面白かった〜

どこがかというと・・・、昔の香港を垣間見れるから!
人もそうだし、走ってる車や町の様子などなど
とーっても興味深いですよ〜



主人公二人がリパルスベイから泳いでお友達の家のパーティに行くシーンにはびっくりしましたけど〜

もう一回見てみたいなぁ

香港の街のお店で売っててもいいと思うけど・・・、なかなか見かけませんね〜

日本のレンタルDVDのほうが見つけやすいかな??


よ〜し 今度探してみようっと!

香港を舞台にした映画昔の映画って他にもあります??
| movie | comments(2) | trackbacks(0) | posted by club_HongKong
ダ・ヴィンチ・コード 00:17
今日はそぼ降る雨の中、銀座へお出かけでした♪

ランチは Maxim's de Paris  にて

(お料理の写真がなくてごめんね)

パリの“MAXIM'S”を そのままに再現したこのお店は、
まだうら若き、銀座のOLだった私達の憧れのお店でもありました (〃ー〃)

初めてディナーを食べた時の事などを今日は思い出しちゃったわ 

遠〜い昔のことですネ

(_ _)ノ_彡☆バンバン!


さて、銀座SONYビルで  『ダ・ヴィンチ・コード ウィーク』 を催していました




↑陶器でできた原寸大のモナリザ ・・・  タッチもOKです 
((^ー^))


5月20日、全世界ロードショーと宣伝してますが、香港は18日という情報を聞きましたが・・・ ほんと? (-"-;) あらら

日本でも映画の宣伝はもちろん、ダ・ヴィンチの特集とかも組まれて盛り上がっていますよ

謎解きって面白いよね、私 大〜好き!



そして、同ビルのエレベータの中で SONYの出井社長とご一緒になりましたよ

TVで見たことのある人に会うと思わず『コンニチハ!』 と挨拶してしまいそうになる・・・


出井さんは、紳士的でも眼光鋭く、 オーラが オ〜ラオラ〜〜でした!!  




へ(* ̄ー ̄)>  失礼致しました!











| movie | comments(5) | trackbacks(0) | posted by club_HongKong
水責めは 嫌ーい (><) 23:49
日帰りの旅は終わったでしょうか・・・



さて、今日は映画&ランチの日でした

題名は 『海猿』(うみざる)



これは元々は漫画だったのですね〜
テレビドラマも映画でも大人気です

広島・呉にある、海上保安庁の「海上保安大学校」で海上保安官が厳しい訓練を受けながら潜水士を目指して奮闘する、という話です。


大ヒット上映中につき場内満席!!

沈没してしまう船から乗客を避難させる話ですが、感動的でした〜!

ハンカチで目頭を押さえつつ・・・(/_;。) うるうる

そして止め処なく流れる涙を拭きつつ・・・ (ノ_<。)うっうっうっ

かなり泣いちゃったぁ


場面が急に変わり、シーンとなった時にね・・・

あちこちから、『ずずず〜!』・・・と鼻をすする音 や、

おなかが 『ぐぅ〜〜〜!』って鳴る音が聞こえました 

(_ _)ノ_彡☆バンバン!


伊藤英明演じる仙崎の爽やかな笑顔と誠実さが((^ー^)) マル!




でも、船が沈没する映画に良くあるシーン
それは 助かるために長い時間潜水して泳ぐシーンね

この映画では、30メートル、時間にして1分半を潜水で泳がなくてはならないことになってました  α~ (ー.ー") ンーー きっつ〜い

『無理よ〜〜』 と全員が一致

そういえば、『ポセイドンアドベンチャー』も『ポセイドン』とリメイクされましたね

船モン コワイわ〜 

水がもう首あたりまで来ちゃってて・・・
見てるだけでも 息苦じ〜〜〜〜〜い !!


| movie | comments(2) | trackbacks(0) | posted by club_HongKong
Eight Below 23:59
EIGHT BELOW(南極物語)

実話を基に、南極に取り残された犬たちと大自然との闘い、そして彼らをやむを得ず置き去りにした人間たちの苦悩を描いた高倉健主演の感動作「南極物語」を、ハリウッドのスタッフ・キャストで再映画化したアドベンチャー大作。主演は「ワイルド・スピード」のポール・ウォーカー。監督は「生きてこそ」のフランク・マーシャル。
 アメリカ科学財団の南極基地。ここで働く一流の南極ガイド、ジェリー・シェパード。彼はパートナーである8頭の犬ぞり犬とともに様々な困難や危機を乗り越えてきた。ところがある日、南極が記録的な天候悪化に見舞われてしまい、ジェリーらスタッフは基地から強制退去を命じられる。“すぐに後続隊がやってくる”と説得され、犬たちを残したまま南極を後にしたジェリー。しかし悪天候は予想以上に長引き、1週間後、犬たちは意を決して首輪を切り離すと、真冬の南極の大地で生き延びる道を求めて前へと歩み始めるのだった。

shinの感想:いや〜〜もう完全にディズナイズされたワンコ映画。鳥をハンティングするシーンとか、最後ジェリーとケイティのキスを他人に見られないようマヤが背筋を伸ばして隠しちゃうところとか、、ディズニーがやるとこうなるのかぁ、って感じ、、あのうち上がったシャチの死体の中から出るアシカ?オットセイ?には思わずのけぞってびっくりでした。しかし劇中の犬の演技には感動します、そこいらの三流役者より演技は上手だし、セリフが無い分、目だとか仕草で上手に演技をしてました、、、主人公のジェリーが南極へ戻って犬達と再会するんですが、そこだけはもう少し焦らして欲しかったです。

個人的には昔の高倉健の”南極物語”の方が、、、、

だってハスキーって顔が怖いんだもの、、、、
| movie | comments(3) | trackbacks(0) | posted by club_HongKong
おおお???!!!Kさんどうした? 23:33
                               西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化した人情ストーリー。誰もが明るい未来を信じていた昭和30年代の東京下町を舞台に、個性豊かな人々が織りなす心温まる人間模様を綴る。広大なロケセットに加え、「ジュブナイル」「Returner リターナー」の山崎貴監督が得意のVFX技術を駆使し、当時の街並み・風俗をリアルに再現。


 昭和33年、東京下町の夕日町三丁目。ある日、鈴木則文が営む自動車修理工場・鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってくる。しかし、思い描いていたイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の茶川竜之介。彼はひょんなことから、一杯飲み屋のおかみ・ヒロミのもとに連れてこられた身寄りのない少年・淳之介の世話をすることになるのだが…。



shinの感想:あの子供たち、、世代的にはshinの親父の世代で、、親父がこどもの頃の情景って奴はこういう絵だったのか、、と思い浮かべ、、”あ、でもオート三輪はshinが子供の頃にもありましたけど。”

テレビ、冷蔵庫、洗濯機が三種の神器だった戦後復興間も無い昭和の日本、なんとか頑張ろうという前向きな姿勢、みんなで助け合い、励ましあい、生きて行く日本人の心の美しさって奴が上手に表現されてました、、
それぞれの背景に焦点があたり、数分のミニストーリーが展開してるのも観せ方が上手、、 ヒロミのどこか悲しげな表情の裏側、ロクちゃんの帰りたく無い理由、アクマの心情、それらが上手く、鈴木オートと茶川商店を中心に絡んでいます、、便利になって行く生活の中で失って行くなにかも確実にあるんだ!と言われているようでならない、捨てられた旧式の冷蔵庫と瀧の横顔、、

などなど、、

DVDで観ると若干CGがハレーションしてるような気がしますが、、、 それと冒頭のヤモリのシーン、は不要。最後、出来れば淳之介がお金持ちの車に乗り込んでから戻って来るまでを描いたシーンも入れて欲しかった。




| movie | comments(3) | trackbacks(0) | posted by club_HongKong
『スージーウォンの世界』  23:40
以前から観たかった映画、『スージーウォンの世界』 (The World of Suzie Wong)のご紹介です

< 

この映画ね、古いですよ〜〜
だって1960年製作ですもの 

冒頭から昔の香港の町並み、風景に目が釘付けになっちゃった 
スターフェリー乗り場などは今でもあまり変わってなかったり・・・
そんなシーンを見るだけで満足 ((^ー^) ) マル!

香港在住、元在住、香港好きの方々にはたまらない作品だと思います 

【ストーリー】
 新境地をひらこうと香港に来たアメリカの画家ロバート・ロマス(ウィリアム・ホール デン)はスターフェリーの中で、美しい中国娘と知り合った。 (上の写真のシーン)
  大金持の娘ということだったが、彼女はロバートが泊まる安ホテルを溜り場にしてい る娼婦の1人。名前をスージー・ウォン(ナンシー・クワン)と言った。彼はだんだんと 彼女に惹かれていく・・・・。


ロバート・ロマス(ウィリアム・ホール デン)がとても紳士的で、スージー・ウォン(ナンシー・クワン)はとてもエキゾチックな女性

お決まりの西洋人と東洋人の恋愛なのですが、古き良き時代のゆったりさが出てますよね
当時の町並みや、人々の様子、また場面が変わるたびに背景やロケ地にもとっても興味がわきますよ!

以前ClubHongKongでご紹介した映画『慕情』も同じくウィリアムホールデンが主人公でしたね

いや〜
念願かなって見れた『スージーウォンの世界』・・・
なかなか手に入らず、見る機会がなかったの
でも心優しいお友達が用意してくれましたよ
も〜う本当に嬉しかったです  拍手   

この場を借りまして・・・どうもありがとうね! ラッキー

| movie | comments(4) | trackbacks(0) | posted by club_HongKong
『ニューポリスストーリー 香港国際警察』  19:59


昨夜ね、日本のテレビで地上波・初放送してました
吹き替えの声がイマイチに思ったけど、ニコちゃん(ニコラス・ツゥエー)ファンの友達はOK出してたのであれでいいのかなぁ??

この映画が香港で上映された時、私は香港に住んでいたのでUAで見ましたわ♪
映画の出来はすごく良かった!
ちょっと残酷だけど・・・ね パンチ (私、バイオレンスもの苦手だから)
でも、若手のダニエル達の演技が良くてね〜
その若者達がめちゃくちゃ悪い設定なの 爆弾
その若者達に翻弄されるジャッキーが少しおじさんにみえちゃってかわいそうかな?
ジャッキーと一緒に立ち向かう、ニコちゃん(ニコラス)はイイ役でしたね〜 ラブラブ

だけど、日本(人)はジャッキー好きですよね
香港=ジャッキーみたいなイメージまだあるもの
あの笑顔がいのかな〜
私も好きですよ (V^−°)イエイ

ストーリーは後ほどさらっと書きますが、やっぱり香港って街中であれだけのカーアクションのロケ許可するところがすごい!
日本だと、カーアクションなら埠頭の突堤!とか決まっちゃうでしょ (笑)

登場人物の設定がしっかり描かれてて、残酷ながらも、最後ジャッキーとニコラスの関係がわかるシーンはちょっとエエ話でね〜 ポロリ
ただジャッキーの恋人の顔に傷が残るっていうのは、ちょっとかな???
でも、はい、総評して星5つ! ((^ー^) ) マル!

【ストーリー】
銀行強盗団に部下たちを殺された香港の警察官が若い相棒とともに凶悪犯に立ち向かう。ベニー・チャン監督。銀行が強盗団に襲われた。警察官のチャン(J・チェン)が特捜部隊を連れて犯人一味のアジトに乗り込む。しかし、彼らの仕掛けたわなでチャンの部下たちが殺される。難を逃れたものの失意の日々を送るチャンの前に新しい相棒としてシウホン(ニコラス・ツェー)が現れる。そんな中、犯人たちから警察に新たな挑戦状をたたきつけられる。

| movie | comments(4) | trackbacks(0) | posted by club_HongKong
| 1/3 | >>
ブログパーツUL5